つけ麺 井手 – 大阪・北浜で評判の「濃厚ドロつけ麺」をご賞味あれ!


大阪・淀屋橋エリアの東側、北浜のビジネス街の一角に「つけ麺 井手」はある。ランチタイムになると、舌の肥えたビジネスワーカーたちがこぞって行列をつくる。おすすめは昼限定の「濃厚ドロつけ麺」。

かつて大阪が“天下の台所”や“商都”と呼ばれ、活気に溢れた江戸時代(1603年–1868年)から明治・大正時代(1868年–1926年)。都市の中心で米や金銀の相場取引、証券取引などを行う金融街として栄えた街が、北浜だ。界隈には、今でも伝統的な商家建築(町屋)や、煉瓦や石造りの商館が点在し、それを目当てに訪れる観光客も少なくない。北浜は、近代都市・大阪の発展を担った、歴史と風格あるビジネス街なのだ。

そんな北浜の街に、評判のラーメン専門店がオープンしたのは2011年。店の名を「つけ麺 井手」という。店長は、梅田(中津)にあるつけ麺の有名店、「麺や 輝」で修行された方だそうだ。ちなみに「麺や 輝」は台北市にも店を出している。

「つけ麺 井手」は堺筋の平野町一丁目の交差点からすぐの所にある。店内はカウンター3席と4人掛けテーブルが3つ。それほど広くないので、ランチタイムはあっという間に行列ができる。メニューは、「つけ麺(¥800)」と「カレーつけ麺(¥900)」。それに昼限定で「濃厚ドロつけ麺(¥900)」がある(下の写真はその看板だ)。加えて夜にはスタンダードなラーメン(¥700)も注文できる。麺は、うれしいことに大盛りでも並と値段が変わらない。僕が注文したのは「濃厚ドロつけ麺(¥900)」の麺大盛り。

待つこと5分。先に運ばれてきたスープがこちら↓の写真。店内の貼り紙によれば、“豚骨、数種の野菜を長時間煮込んだスープに、数種の魚介のお出汁を合わせた。化学調味料も不使用”とある。味見してみると、さすが「濃厚」というだけあって、粘度が高く、豚骨の深みとコクがしっかり凝縮されている。そこに魚介系のお出汁と、ゆず(柑橘系)の爽やかな酸味、ネギの風味がバランス良く絡む。これは一刻も早く麺につけて食べたい!

麺は自家製。またも店内の貼り紙から引用させてもらうと、“ベースとなる小麦粉に2種類の全粒粉を合わせ、寝かせ熟成を十分にさせることで、小麦が持つ力を引き出している”、“でんぷん質、つなぎなどは使用せず、国産小麦、カン水、にがり塩のみを使用して製麺。小麦本来の香り、コシ、弾力を楽しめる”とある。なるほど、もうこだわりの部分では他に言うことはない。その極太縮れ麺は、艶々でもちもち。口に含むと、讃岐うどんのような、いやそれ以上の強いコシを感じることができる。さらに灰色をした麺の色からもわかるように、噛むほどに小麦の豊かな風味が感じられる。うどんのようでもあり、蕎麦のようでもあり・・・。これはもはやラーメンの麺という先入観を捨てて対峙せねばらない。

テーブルには、ゆずの搾り汁、柚子胡椒、唐辛子が置いてあり、好き好きで味の変化も楽しめる。

下の写真は、別の日に頼んだスタンダードなつけ麺のスープ。マイルドでこちらも美味しい。

残ったスープは、ポットに入っている和風出汁で割るとまろやかになり、最後まで味わいながら飲み干せる。サイドメニューのほぐし豚丼、夜限定のラーメンもとても気になるが、こちらはまたの機会ということで。

※2016/10/08追記:「つけ麺井手」から北にすぐのところに「ぶっこ志」がオープン。互いの行列状況が確認し合えるほどの至近距離で、昼時はここだけラーメン・ストリートのような様相を呈している。


さて最後に、北浜のオススメのレトロ建築をいくつか紹介するよ。ラーメンを食べた後、ぜひ散策してみよう。

まず1つ目は「生駒ビルヂング」。1930年に建てられた時計店のビルだ。「つけ麺 井手」のすぐ近く。

下の写真は「旧小西家住宅」。・・・といわれてもわからないだろうけれど、“木工用ボンドのコニシ”といえばピンと来る方は多いのではないだろうか。その旧本社の商家である。1903年竣工で、3階建ての蔵も立派。今も現役で使用されている、見事なつくりの町屋建築。

下の写真は「新井ビル」。1922年竣工。現在は「五感(GOKAN)」という北浜界隈で人気の洋菓子店が入る。ぜひ食後のデザートに。

下の写真は「大阪市中央公会堂」。大阪の株の仲買商・岩本栄之助の寄付をもとに、1918年創建。大阪市民の文化・芸術交流の場として今も親しまれている。


Data

  • メニュー
    つけ麺 ¥800, 濃厚どろつけ麺 ¥900, カレーつけ麺(小ライス付き) ¥900
    *並盛り、大盛りともに同料金
    *特盛り(麺400gは¥1,100)
    ラーメン ¥700, 味玉ラーメン ¥800, チャーシューメン ¥900, 味玉チャーシューメン ¥1,000, 替玉 ¥100
    *ラーメンは夜限定メニュー
  • 住所
    大阪市中央区平野町1-8-5
  • 最寄り駅
    京橋(京阪、地下鉄)、なにわ橋(京阪)
  • 営業時間
    11:00-14:30(月~土)
    18:00-22:00(月~金)
  • Map
    大阪府大阪市 中央区平野町1丁目8-5


Comments

comments

tomo.

tomo.

I live in Kyoto. I hope to let you know about Japanese ramen. So, I intend to introduce the delicious ramen shops to you.

あわせて読みたい