烈志笑魚油 麺香房 三く(大阪・福島)- 遊び心満載のラーメン。おすすめは…


大阪駅からひと駅。福島は、ジャンルを問わずハイレベルな飲食店がひしめく、今、大阪で最もエネルギッシュな街だ。ラーメンも激戦区のこの界隈にあって、[三く(さんく)]は屈指の人気を誇っている。

日本料理の経験もある[三く]店主、山本さんが腕を振るうラーメンは、とにかく遊び心に溢れている。

スタンダードは、「かけラーメン」(下の写真)。

北海道・札幌ラーメンの歴史とともに語られる「西山製麺」、その縮れ麺を使った魚介系醤油ラーメン。香り立つ煮干が食欲をかき立たてる。バランスの取れた魚介の風味が味わえる一杯だ。煮干しがまるごと1本盛りつけられているのも、大胆で驚かされる。

つけ麺は2種類。下の写真が「全粒粉つけ麺」。

つけ汁は蓋付きで登場する。もちろん、蓋はつけ汁が冷めないためのもの。でもそれ以上に“蓋を開ける”という行為を挟むことが、つけ汁をいっそう魅力的に見せる仕掛けとなっている。

麺はうどんのような極太麺で、なにやら金粉のようなものがふりかけられている。これは「ふすま」という小麦粒の表皮らしい。

つけ汁は豚骨と魚介出汁ベースで、見た目よりはあっさり味。

最後に締めの白米をつけ汁に入れて食べると、リゾットのようになり大満足。つけ汁の蓋を開けた瞬間から幕開けした“ラーメン懐石”は、こうしてフィナーレを迎える。

もうひとつのつけ麺が「つけ道産」(下の写真)。

こちらは北海道産の小麦を使った、ツヤツヤでコシのある平打ちストレート麺。もちろん締めのご飯付きで、最後の一滴まで愉しめる。個人的には五感をグイグイ刺激してくる「全粒粉つけ麺」の方が好みかな。

さて、こちらは「白壺ラーメン」(下の写真)。

白醤油と魚介の上品なラーメンだ。透明感のある清湯スープの上に、白ネギ、ほうれん草、チャーシュー、それに柚子が載っている。麺は全粒粉を練り込んだ中太麺。もちもちで歯応えもある。スープは、返しの白醤油のさっぱり感と甘味に、魚介の旨味、そしてほのかに香る柚子が絶妙なバランスで利いている。飲み干さんばかりの勢いでスープをすくっていると、丼の底から大豆が隠れキャラのように現れる(下の写真)。

[三く]のささやかな遊び心にすっかり感心していると・・・

「どうぞ~」と、お店から「コーヒーゼリー」のプレゼント。なんと!夜限定で、時計の針が39分(店名の「さんく」とかけてある)を示す時、席に座っている客だけに配られるというサプライズ・デザートだ。こういうのって楽しいし、嬉しい。

ところで、店名の[三く]には、お気づきのとおり「Thank you =感謝」という意味が込められている。その哲学を忠実に実践していて、[三く]はラーメンと同じくらい、いやひょっとするとそれ以上に、ホスピタリティが素晴らしい。何がどうって? わざわざ説明するのも野暮なので、行けば分かるさ!とだけ書いておく。

ちなみに[三く]を訪れるのなら行列を覚悟しよう。特に夜21時以降になると、上の写真のとおり、近くの居酒屋から出てきた“締めのラーメン”需要の人たちで大行列ができる。それを避けたいのなら、開店直後でもなく、締めの一杯でもない“ハーフタイム”、夜20時頃がおすすめだ。

下の写真は、食べ終わりに撮った福島の魅惑的なお店の数々。和洋中韓、立ち飲み、クラフトビール、日本酒バー、ワインバー・・・ありとあらゆる国・スタイルの店が立ち並ぶ。お酒好きなオトナの聖地のような場所だ。ラーメンの後の“締めの一杯”に、ぜひ。


Data

  • メニュー
    かけラーメン: ¥800
    白壺ラーメン: ¥750
    つけ麺(全粒粉):¥830
    つけ麺(平麺道産):¥830 …他
  • 住所
    大阪府大阪市福島区福島2-6-5
  • 最寄り駅
    新福島(JR東西線)より徒歩3分
    福島(JR大阪環状線)より徒歩5分
    中之島(京阪電車中之島線)より徒歩7分
  • 営業時間
    11:39~14:39
    18:39~23:39(月~土)
    *第2・第4日曜休み
    *日・祝は昼のみ営業
  • Map
    大阪府大阪市福島区福島2-6-5


Comments

comments

tomo.

tomo.

I live in Kyoto. I hope to let you know about Japanese ramen. So, I intend to introduce the delicious ramen shops to you.

あわせて読みたい