ラー麺 陽はまた昇る(京都・伏見稲荷)- インバウンド最前線に見参!濃厚とりとんこつ


伏見稲荷大社の最寄り駅からすぐの場所に[陽はまた昇る]はある。濃厚な鶏豚骨ラーメンが人気の店だ。


もとは近鉄伏見駅前に店を構え、地元で人気を集めていた[陽はまた昇る]が、伏見稲荷大社の近くへ移転したのは2015年8月のこと。伏見稲荷大社といえば、「トリップアドバイザー」の日本の観光地ランキングで、毎年上位にランクインする人気のスポット。[陽はまた昇る]は、いわばインバウンドの最前線ともいうべき場所に繰り出し、Japanese Noodle(Ramen)を伝えようと努めている。

メニュー表は英語と中国語の2ヵ国対応。店内はカウンター席に加えて、奥にテーブル席もあり、家族やグループで訪れてもゆったり食事ができる。僕が訪れたのは14時過ぎだったけれど、写真のとおり満席。

定番は「とりとんこつ(鶏豚骨ラーメン)¥750」。店頭ポスターで「ラーメン イズ マイライフ。店主大坪、本気の一杯。」という熱いキャッチフレーズとともに紹介されている、文字通りの“看板”メニューだ。こりゃオーダーしないわけにはいかないでしょ^^。

そして待つこと10分。目の前に現れた“店主の本気”こと、「とりとんこつ」がこちら。

具材は、大きめ、かつ美しいレアチャーシューが3枚! それに海苔、青ねぎ、穂先メンマ、味玉という構成。これで¥750は、とてもお得感がある。店主の本気はどうやら本物だ。

鮮度にこだわった鶏ガラと豚骨を長時間煮詰めてつくったというスープは、とろみがあり濃厚。だけれども豚骨の臭みは一切なく、鶏の旨味がマイルドに利いて、コクのあるすっきりした仕上がり。国産小麦を使った自家製の麺は加水率低めの細麺ストレート。硬いとまではいかないけれど、ぱっさりした麺で、スープにだんだんと馴染んでくる。

レアチャーシューは肉の旨味たっぷり。穂先メンマはやわらかく、歯ごたえもきちんとある。

下の写真は、[陽はまた昇る]名物の鶏唐揚げ(1個セット ¥180)。唯一、京都ラーメンっぽさを感じさせてくれる一品なのだけれど、これがまたボリュームがあってコスパが凄い。口に入れると、ジューシーで衣もサクサク。

スープ、麺、具材からサイドメニューまで、どれもが素晴らしく、丁寧な仕事ぶりが伝わってくる。しかも財布にもやさしい。券売機のチケットは、下の写真のように切り取った半分を「大盛り無料券(女性は味玉でもOK)」として戻してくれる。夜は「とりとんこつEX」という濃厚版もあるそうだから、近いうちにリピートしたいなぁ。


Data

  • メニュー
    とりとんこつ : ¥750
    煮干しとりとんこつ : ¥780
    醤油ラーメン: ¥750
    つけ麺 : ¥750 …他
  • 住所
    京都府京都市伏見区深草一ノ坪38-15
  • 最寄り駅
    伏見稲荷駅(京阪電車)より徒歩1分
    稲荷駅(JR奈良線)より徒歩5分
  • 営業時間
    11:00~22:00
    *木曜・第2水曜日休み
  • Map
    京都府京都市伏見区深草一ノ坪38-15


Comments

comments

tomo.

tomo.

I live in Kyoto. I hope to let you know about Japanese ramen. So, I intend to introduce the delicious ramen shops to you.

あわせて読みたい